XM デモ口座開設方法を徹底解説【リアル取引前に必見】

xm 口座開設
XMの口座開設方法【2019令和最新版】初心者でも簡単登録!
XMの口座開設を検討している初心者必見として、その一連の流れを全てお教えします。この記事通りに沿って口座開設を進めれば、誰でも短時間で完了する事ができます。では、口座開設と注意すべきポイントの解説を始めていきます。

私の場合は、XMのリアル口座を開設する前に、国内業者でFX取引の経験が何年もありました。だから、FXについての取引方法やルールなどについては十分に理解しているつもりでしたが、実際にXMで取引を始めると、海外業者という事もあり、戸惑ってしまう事が多々あったのです。

それでも何度か取引をすれば慣れるもので、同じFX取引とすれば違いは微々たるものです。さらに、資金に余裕があるなら、多少の損失や痛手は勉強代として痛くもないでしょう。でも、大概の人は100円でも損をするのは嫌ですし、第一相場に対し余裕を見せるのは、何億円も稼げるトレーダーになってからですよね。

取引を始める前から、損失に対して寛容な態度を見せるのは、FXトレーダーとして優秀な姿なのでしょうか? 本当にFX才能がありお金に対してシビアなら、口座開設ボーナスの3000円だけでも、何千万や何億も稼げないと本物ではないですよね。

幸いな事にXMにはデモ取引が用意されているので、リアル口座開設前にこれで何度も繰り返し練習を積む事で、手法を掴めたり値動きのコツなどをものにする事が可能です。その一方、一部トレーダーの中にはデモ取引を否定する方もいますが、それはノイズとしてあまり聞き入れない方が良いです。

今回はデモ口座の開設方法や取引の仕方などについて解説をさせて頂きます。デモ口座など面倒と侮らないで、デモで勝てないようではリアル口座でも絶対に勝つ事はできません。

<本記事の内容>

●XM デモ口座開設の方法について
●デモ口座は長期と短期取引のどちらが良いのか?
●デモ口座はどれぐらいの期間行うべきか?

上記の通り、詳しく解説していきます。

XM デモ取引の始め方【デモ口座開設方法!】

FXトレーダーはデモ取引に対して、容認派と否定派(否認派)に意見が分かれます。それぞれの意見としては、まず容認派の声として

・取引の練習になる
・手法を編み出せ、通貨値動きのクセが掴める
・取引システムやツールの操作が学べる
・デモ取引でも、リアル口座と同じシステムやチャートなので始めて損はない

反対である否定派としては、

・デモ取引で勝てても意味がない
・実際に入金した金額でないので、損失の感情が実感できない
・デモは余裕がある状態なので、そこでの経験は無意味
・FXあるあるで、デモ取引では勝てるがリアルでは負けるので

要約するなら、デモの口座を開設しても、それは飽く迄も練習であり、実際の資金が増減する訳ではないから無意味という意見がよくあります。

しかし、それならなぜ、XMに限らず国内外の大多数のFX業者は、デモ口座が用意されているのでしょう? 多くのトレーダーがデモ取引を希望し、実際に練習を積むからだと思いませんか?

誰もが最初からFX取引をマスターした訳ではなく、最初は操作や注文方法が分からずにドキドキしたものですよね? だから、ベテランの声よりも、初心者に寄り添うよう親切にするべきなのです。これは顧客獲得の最優先事項ですよね。

だから、初心者はネットに飛び交う自称FX経験者の意見などは無視して、絶対にデモ口座で練習をするべきです。

XMのデモ口座を始める方法を教えます!

それでは、実際にXMのデモ口座開設の方法となります。この通りに始めると、早い人なら数分程度で、デモ取引が始められます。

①最初は、XMの公式サイトを開きます。

デモ口座を開設する

②”デモ口座登録画面”が表示されるので、氏名や住所など必要事項を記入する。

※デモなので、本名や実際の住所を記入しなくても問題ありません。また、今後リアル口座を開設するなら、デモ口座には普段使用しないメールアドレスを登録した方が良いと思われます。

③最後に”デモ口座開設”をクリックして、個人情報入力は終了。


④登録したメールアドレスで、XMからのデモ口座登録案内を開く。
⑤「Eメールをご確認ください。」の「メールアドレスをご確認下さい」をクリック。
⑥再度、XMからデモ口座完了のメールが届くので、そこで”ID”と”サーバー番号”を確認し、必要なら別紙に控える。

ここまでで、デモ口座に関する手続きやメール確認などは終了です。最後に、取引プラットフォームである、MT4かMT5をダウンロードとインストールすれば、ログインのみでデモ取引が始められます。慣れている人なら数分、遅くても10分もあれば全工程が終了します。

注意点と補足:

・デモ取引で用意されているのはスタンダードとZERO口座の2種類のみ

・事前に選択したプラットフォームのMT4、又はMT5を使ってログインする

・有効期限はなく半永久使用となるが、90日間利用無しが続くと閉鎖される

・デモ口座は最大5つ保有可能で、スタンダードとZERO口座の双方が可能

・デモ口座開設ボーナス、XMポイントなどは用意されていない

・サーバーの関係上でデモ口座は注文が入りやすく、リアル口座よりもスムーズに感じやすい

デモ口座では長期・短期取引のどちらが良いのか?

デモ口座を開設し、リアル口座での取引前に練習をするなら、短期取引と長期取引のどちらが良いと思いますか? 人それぞれ投資スタイルがありますが、デモ口座で長期取引を積み重ねても、個人的にはあまり意味がないと思っています。もちろん、取引方法や注文方法を学ぶ意味では大事ですが、デモ取引で長期取引をするより、短期取引を繰り返すべきです。

XMの場合は、デモ取引でもスタンダード口座なら最大レバレッジ888倍が用意されています。これを繰り返すと、ポジション数に対する損益幅(pips)の金額も分かるので、リアル口座を開設したらどのぐらい入金し、建てるポジション枚数や決済幅が実感できるようになります。

ですから、デモ口座で長期取引として、一度ポジションを保有したら数日ログインしないで放っておくなど、以ての外です。これで偶然利益を手にしても、長期間に渡りリアル口座で勝ち続けるのは難しくなります。

まとめると、XMのデモ口座は短期取引の練習が無償提供されていると認識し、

・スキャル的な短期取引を繰り返す
・チャートの値動きや癖を掴む
・MT4やMT5の操作方法や注文方法を学ぶ

これらの為に口座開設をすると理解しましょう。

XM デモ口座の利用期間と優れている点【リアル口座開設後も残すべき!】

デモ口座はどれぐらいの期間、利用するべきか?
殆どのトレーダーは、デモ口座を数日程度の利用で終わりにして、後はリアル口座で実際に資金を投入し取引を始めたら、存在そのものを忘れ放っておくものです。

XMの場合は、リアル口座開設し取引開始までに、平日でも1日~2日程度かかるので、その間だけ利用という人が多いです。

確かに、デモ口座を何度か利用すれば、注文や決済方法などは理解できるものです。しかし、個人的には手法が確立し当初資金が倍ぐらいに増えるまでは、デモ口座を続けるべきだと思っています。

どんなにデモで稼いでも、一銭にもなりませんが、リアル口座で負ければリアル資金があっという間に消えてしまいます。慎重を期すぐらいの行動が丁度良いのです。

それと、リアル口座で負けが込んできたら、一度頭を冷やす意味で再度デモ取引を始めても良いと思っています。誰かと競争をしている訳ではないのですから、長期間に渡ってFX相場に挑むなら、時々はリアル取引から離れてみるのも良いものです。

その為には、先ほど説明しましたが、90日間取引しないとデモ口座は閉鎖されるので、面倒でも時々は取引をすると閉鎖を免れます。

具体的な期間は人それぞれとしても、取引に納得するまではデモ口座で練習をしてみてはどうでしょうか? FXの才能があるなら数日、不安や心配性なら数週間でも練習をして、それからリアル口座で取引しましょう。

私も、手法を変更する際には、デモ口座で何度も繰り返し取引をして、納得するまではリアル取引をしません。これは別に恥ずかしい事ではないので、初心者なら尚更、慎重に行動をするべきです。

XMのデモ口座が優れている点!

私もそこまで多くの業者で、デモ取引を始めた訳ではないですが、XMのデモ取引は国内外業者の中でも、かなりレベルが高い方です。身も蓋もない言い方をするなら、国内業者で取引を始める人も、その業者にデモが用意されていないなら、XMで練習するべきだと真剣に思っています。

通常のデモ口座は、初心者向けという大前提があるので、取引がスムーズで注文は入り易いので短期取引もしやすくなっています。これらが一部の短期取引の投資家から、デモは勝てるがリアルは勝てないと文句を付けられる点です。

しかし、XMの場合はリアル口座でも注文は入り易いので、短期取引のデモで勝てるなら、リアル口座でも勝てる可能性が高いです。

さらに、MT4やMT5がデモ取引でも用意されていて、これは国内業者でもあまり多くなく、特にこれから主流となるMT5に関しては、XMとFxProぐらいの業者しか思い浮かびません。レバレッジや投資額の選択肢も非常に豊富で、様々なパターンに応じてデモ取引ができるのは、XMならではの醍醐味であり大きな特徴だと断言できます。

まとめ:XMのデモ口座は実践練習に最適

デモ口座での取引は、人によっては批判的とする意見があるのも事実ですが、ハイレバ取引のXMの場合は、ポジション数や値幅によりどれぐらい損益になるのか確認する意味でも、デモ口座を開設し利用する価値はあります。

リアル口座のシステムと、ほぼまったく同じなので、チャート値動きから短期取引を繰り返すなら絶対に必須ですし、何よりデモ取引で負けている人が、リアル取引で勝てる根拠がないですよね。

だから、本番前の練習であると同時に、リアル口座での取引が始まっても、負けが続くならデモで練習を重ねて再びリアル取引に戻れば良いのです。XMは手間暇をかけ、素晴らしい環境を用意しているので、これを利用しない手はありません!

タイトルとURLをコピーしました