XMのFXアプリのトレードツールは、チャート機能が充実!

xm アプリ
XMの口座開設方法【2019令和最新版】初心者でも簡単登録!
XMの口座開設を検討している初心者必見として、その一連の流れを全てお教えします。この記事通りに沿って口座開設を進めれば、誰でも短時間で完了する事ができます。では、口座開設と注意すべきポイントの解説を始めていきます。

XMのFXアプリの種類

XMのアプリには3種類あります。

MT4専用アプリと、MT5専用アプリ、それにXM独自のアプリです。

口座を開設したときに、MT4を選択した人はMT4専用アプリを使うことになり、口座を開設したときにMT5を選択した人はMT5専用アプリもしくはXM独自のアプリを使うことができます。なお、マイページへのアクセスがスムーズにできるのはXM独自のアプリとなっています。

FXのトレードで利益を得るためには、売買タイミングを的確につかむことが重要であり、アプリでどのようなチャート機能やテクニカル指標を使用することができるかがトレードの勝敗の分かれ道といっても過言ではありません。

XMの3種類のアプリに差はありません。

3種類アプリはありますが、利用できるチャートやテクニカル指標に差はありません。まず、チャートについては、1分足や5分足、30分足など複数の分足チャートがあり、さらに1時間足や2時間足など複数の時間足チャートがあります。

このためデイトレードを中心にしているトレーダーにとっては、使い勝手の良いアプリといえます。また、日足チャートや週足チャートもあるため、数日間から数週間にわたってポジションを持ち続けるトレーダーにとっても、使い勝手が良いです。

XMのFXアプリはインジケーターも豊富!

なお、チャートではローソク足だけでなく、ラインチャートやバーチャートを使用することもできるため、ローソク足を苦手としている人にとってはメリットを感じられるアプリといえます。
そして、インジケーターの種類は90種類以上もあります。具体的には、ボリンジャーバンドや一目均衡表、RSI、MACDなどが揃っています。さらに、フィボナッチ係数なども表示できます。

画像はイメージです。

このような充実したチャート機能とインジケーターを用いて、的確に売買タイミングを把握し、買いポジションや売りポジションを持ち、利益確定を目指すことができます。

例えば、日足チャートでローソク足を用いているとき、ボリンジャーバンドとMACDを同時使用するとします。ローソク足がボリンジャーバンドの下限ラインに数日間到達し続けた状態で、MACDがゴールデンクロスすれば、それは高い確率でトレンド転換の兆しを見せていることになります。
また、週足チャートを用いているときにRSIが30ポイント以下まで下落したときは、高い確率で底値をつけたことを認識することができます。実際、2018年5月下旬や8月中旬、2019年1月上旬のユーロ円は底値判定を簡単にすることができました。

なお、XM独自のアプリを使用する場合は、スマートフォンの画面を横スクロールモードにしたほうが、チャート画面のカスタマイズをしやすくなります。具体的には、チャートの時間軸の変更や、インジケーターの追加や削除、ポインタの使用などです。また、通貨ペアをドル円からユーロ円に変更するなどの銘柄入れ替えもスムーズに行うことができます。

喫茶店や電車のなかにいても、的確に売買タイミングをつかむことができ、FXトレードを楽しむことができるのが、XMのFXアプリです。

まずはデモ口座から始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました