XM ZERO口座の評判【XMの人気高い理由が判明!】

xm ゼロ口座
XMの口座開設方法【2019令和最新版】初心者でも簡単登録!
XMの口座開設を検討している初心者必見として、その一連の流れを全てお教えします。この記事通りに沿って口座開設を進めれば、誰でも短時間で完了する事ができます。では、口座開設と注意すべきポイントの解説を始めていきます。

FXを愛する皆さん、国内FX歴10年以上、海外FXのXMも5年以上を誇る現役トレーダーです。今回は長いFX経験の中で、なぜ最近は国内業者から距離を置き、海外業者のXMに嵌まっているのか? その理由を述べたいと思い立ちました。

XMについて全て語るとキリがないので、今回はZERO口座とマイクロ/スタンダード口座を比較した上で、ZERO口座について持論を展開させて頂きます。ZERO口座はスプレッドが狭いなどのメリットがある反面、レバレッジが最大500倍程度に抑えられているデメリットがあります。この様なメリット・デメリットを比較して、ZERO口座の真実の姿、そして評判をお教え出来ればと考えています。

<本記事の内容>

  • XM ZERO口座と他口座の違いが判明します!
  • ZERO口座のメリット判明し、初心者向けと納得します!
  • ZERO口座に対するトレーダーからの評判も判明します!

上記の通り、詳しく解説していきます。

ZeroスプレッドFX口座 

XM ZERO口座の評判を徹底調査!【他口座より具体的にどこが優れている?】

海外FXのXMには、口座が3種類用意されています。それに対し、一般的な国内業者の場合は、口座が2種類となります。なぜ、この様な違いがあると思いますか? それは、国内業者での為替や株投資は規制が厳しい反面、海外業者は世界スタンダードの基準に沿って運営されています。ですから、国内業者の方が規制が厳しいのが異質であり、実は海外FXの姿こそ、本来のあるべきFX取引の姿なのです。

そこを履き違えると、国内業者の規制ありの対応が普通に思え、海外業者は危険・怪しい等の間違った認識を鵜呑みにしているのです。

・国内業者の一般的な口座タイプ…個人口座、法人口座の2種類

・XMの口座タイプ…マイクロ口座、スタンダード口座、ZERO口座

どうですか? 一口にFX取引を始めようと思っても、口座種類はこの様に5種類もあります。しかし、国内業者の法人口座は、準備に手間暇が掛かり時間や費用を要するので、初心者で開設する人は皆無です。これらはそれぞれ違いがありますが、一番分かりやすいレバレッジで、比較をしてみます。

①国内業者の個人口座…最大レバレッジ25倍

②国内業者の法人口座…業者や通貨にもよるが最大レバレッジ100倍

③XMのマイクロ口座…最大レバレッジ888倍

④XMのスタンダード口座…最大レバレッジ888倍

⑤XMのZERO口座…最大レバレッジ500倍

 

こうして見ると、国内個人口座レバレッジがあまりにも低く感じる一方、ZERO口座の500倍も888倍にならないの! と思ってしまいますよね。確かに、888倍は魅力ある数字です。しかし、500倍でも国内個人口座の25倍という驚異のレバレッジなのです。

このレバレッジ違いを踏まえて、今回はXMのZERO口座の解説となります。

ZERO口座とマイクロ/スタンダード口座を比較!

XMで取引を始めるにあたり、どの口座で取引を始めるか悩みますよね? それが初めての海外FXとなると、実際軽いパニックになってもおかしくありません。しかし、XMの場合は簡単に複数口座が持てます。

ですから、今回はZERO口座の解説ですが、もし不服なら他二つの口座でも簡単に開設でき、取引可能なのでそこは安心して下さい。よって、ZERO口座が使い辛いなら、すぐに他口座に移れる。これも大きな強みです。

具体的な口座の違いを比較してみます。

  • マイクロ口座の場合は、

・注文方式…STP

・最大レバレッジ…888倍

・1lot単位…1000通貨

・最低入金額…500円

・取引手数料…なし

・スプレッド(米ドル/円)…2.0pips前後

・スプレッド(ユーロ/米ドル)…2.0pips前後

・通貨ペア…57ペア

・CFD取引…対応

 

  • スタンダード口座の場合は、

・注文方式…STP

・最大レバレッジ…888倍

・1lot単位…10万通貨

・最低入金額…500円

・取引手数料…なし

・スプレッド(米ドル/円)…2.0pips前後

・スプレッド(ユーロ/米ドル)…2.0pips前後

・通貨ペア…57ペア

・CFD取引…対応

 

  • ZERO口座の場合は、

・注文方式…ECN

・最大レバレッジ…500倍

・1lot単位…10万通貨

・最低入金額…1万円

・取引手数料…1.0pips

・スプレッド(米ドル/円)…0.1pips前後

・スプレッド(ユーロ/米ドル)…0.1pips前後

・通貨ペア…56ペア

・CFD取引…未対応

ZERO口座と他二つとは、具体的にこの様な違いがあります。中でも注意すべきは、注文方法・lot単位・手数料を含めたスプレッドになります。

ZERO口座にはどんなメリット・デメリットがあるのか?

海外FXを始めるダントツの理由は、最大レバレッジの高さです。これは疑いようがなく、個人投資家で潤沢に資金がないなら、XMなどに手を出すのは当然で、これが大金を掴む最短ルートです。しかし、ZERO口座の最大レバレッジは500倍です。

これがネックとなり、だからマイクロ/スタンダード口座に期待する人も多いですよね。しかし、最大レバレッジに心奪われる前に、取引手数料&スプレッドにも着目すべきです。代表的な2通貨ペアの費用を見ると、ZERO口座が圧倒的に有利です。以上を単純に踏まえても、

・マイクロ口座…初心者から中級者の長期取引向き

・スタンダード口座…上級者の長期取引向き

・ZERO口座…初心者から中級者の短期取引向き

以上の様な判断ができます。

 

XMは注文方式を理解すべき!

XM取引における気になる点として、注文方式のSTPとECNを挙げる人も多くないですか? 実はこれこそ、国内業者と海外業者における明確な違いであり、”裏事情”にあたります。表が最大レバレッジなら、裏が注文方式となり、この点を考慮して海外FXを始める方も大変多いのです。

国内外を問わず、FXの注文方式は基本的に2種類です。

①DD方式…国内業者の大半で最狭スプレッドが売り文句、透明性なく怪しい!

②NDD方式…XM含む海外FX業者と一部国内業者、透明性ある世界標準の取引!

 

要するに、一般的な国内業者のFX取引からXMを始めると、スプレッドが少し高く慣れない感もありますが、XMで採用している方式が世界標準であり、FX取引における常識なのです。

・NDD方式…STPとECNの2方式

①STP…マイクロ/スタンダード口座。取引の透明性があり、約定スピードも速い。海外FXの一般的な方式。

②ECN…ZERO口座。STP以上に透明性と約定スピードがありスプレッドも低い。

まとめると、今後は海外FXの主流方式になりそうで、国内業者でもで採用される可能性高い方式がZERO口座のECN注文方式です。

XM ZERO口座!トレーダーの評判はどうか?

XM ZERO口座の特長、メリット・デメリットなどは理解できたと思います。では、それを踏まえて、実際にZERO口座を使ってFX取引をしているトレーダーの方々は、どのように感じているのでしょうか? Twitterや口コミなどで、好意的/批判的な主だった意見を紹介していきます。

  •  好意的な意見の数々

・ハイレバ取引500倍でも十分

・重要指標時でも約定する。国内業者はスリップ拡大しないと無理だったので驚き。

・失敗しても追証ないのが嬉しい。入金額だけ失うシステムは投資家思い。

・マイクロとスタンダードよりもスプレッド狭いのでスキャル勝負できる。

  •  批判的な意見の数々

・国内FX業者よりもスプレッド広いのが不満。

・最低入金額を下げろ。

・約定しやすいが、マイナー通貨はスプレッド広がる時間が定期的にある。

  •  その他の意見

・ハイレバは危険という思っていたが、XMには追証と呼ばれる、所謂取引での借金システムは存在しないので、入金額以上を失う事はありません。

  •  個人的な意見

個人投資家の種類も千差万別なので、利益を上げられるトレーダーと失敗や損失ばかりのトレーダーの声を一概に同じで扱うのは、無理があり危険です。今回の評判についても、実際に勝っている人は好意的になり、負けていると批判めいたものになる傾向を推測できます。

まとめ:ZERO口座はおすすめ出来る取引口座です。

 

結論を申し上げると、海外FXを検討している、国内FXで負けが続いてのでハイレバ取引を検討している、スキャルや短期取引をハイレバで一攫千金を狙う等々の方に向いているのが、XMのZERO口座となります。

・ハイレバでのスキャル可能な低スプレッドで最大レバレッジ500倍

・約定スピード速く安定のECN注文

・FX初心者も安心の追証無しの取引システム

ズバリ、海外FXの取引経験がない初心者トレーダーやビギナートレーダーに向いているのが、ZERO口座です。

タイトルとURLをコピーしました