XM おすすめの入金について!【クレジットカードが人気の理由】

xm 入金
FXに限らず、どの投資のどんな取引でも軍資金が必要です。しかし、ただ用意をすれば良いだけではなく、実際に業者に入金をしないと取引を始める事は不可能です。実に当たり前ですが、ここには落とし穴があって、幾多の入金方法から選択を間違うと当日の取引は不可能となります。また、手数料が発生するなど最初からスタートで躓きます。高が数百円程度と思うでしょう。でも、その脇の甘さや緩みが投資に向いていない判断となるのです。これだけネットが普及し、街中の至る所にコンビニATMが設置されている現在でも、これが現実です。中でも、皆さんが興味を持っている海外FX”XM”の場合は、尚更その様な傾向が強いです。

何しろ、FX歴10年以上を誇る私も、XMを始めた当初は国内FXの感覚で、なぜクレジットカード入金なのかと疑問に感じたほどです。

XMは入金方法がいくつも用意されていますが、リアルタイムに反映される最大メリットから、クレジット入金が多くの投資家が利用している方法です。しかし、クレジットカードを保有していなくても、他にもいくつも入金方法があるので安心して下さい。

では、最もおすすめの入金方法であるクレジットカード、そしてリアルタイム反映などに拘らなければ他にも入金方法があるので、その解説を始めさせて頂きます。

<本記事の内容>
●XM の入金方法で最もおすすめはクレジットカードです。
●クレジットカード以外の入金方法も分かります。
●銀行、電子決済の入金法がなぜ不人気なのか判明します。
上記の通り、詳しく解説していきます。

XM 意外と知らないおすすめ入金法について【クレジットカードが一番良い! その理由判明】

XMの口座を開設し、いざ取引を始める前に、まず最初にやるのが入金です。裏技として、口座開設時のボーナス3000円だけを利用して、未入金でも取引可能ですが、普通は初心者でも数万~10万円ぐらいは入金するものです。

2019年8月時点で、XMに入金するには以下の方法が用意されています。
①クレジットカード(又はデビットカード)
②ネットバンクなど国内銀行
③海外銀行
④bitwallet(海外FX向けの電子決済サービス)
⑤STICPAY(海外FX、オンラインカジノ向けの電子決済サービス)
ビットコイン入金も以前は使用可能でしたが、現時点ではサービス停止となっています。よって、上記①~⑤が入金の選択肢となります。大きく分けると、クレジットカード・銀行・電子決済のどれかとなり、大半の個人投資家はクレジットカードを選択します。

クレジットカード入金が最もおすすめ!

クレジットカード(デビットカード含む)や国内外の銀行振込、電子決済が、XMの入金方法となりますが、この中で個人的に最もおすすめは「クレジットカード」となります。もちろん、現在クレジットカードを保有していない人や、あまり日常的に使いたくない人もいますよね? そんな方には、銀行入金や電子決済が残されています。

クレジットカードで入金するメリットとして、
・入金がリアルタイム反映
・入金手数料が無料
・最低入金額は500円(マイクロ/スタンダード口座のみ)

クレジットカード保有のデメリットは、
・保有していないなら会員手続きが必要
・場合によっては年会費や手数料などがかかる

また、後から説明しますが、XMへの入金未対応のクレジットカードもあります。

何と言っても、最大の強みは入金がリアルタイムで反映される事です。例えば、仕事終わりに、今日はXMで相場に参戦しようと思い立ったら、サイトから入金の操作を終えれば取引が始められます。これがネットバンクを含む銀行入金だと、営業日時間内でも反映されるまでに数十分はかかり、さらに営業時間外だと翌日となります。仕事終わりにいきなり取引をするのは難しいだけでなく、変動が激しい相場で今がチャンスと思っても、取引は不可能となります。

また、ポジションがゼロカットされないように追加入金をする上でも、クレジットカードを個人的に強くおすすめします!

クレジットカードはどのブランド? どの種類で入金対応!


では、最後にクレジットカードの中でも、どのブランドや種類のもの使うのかまとめてみました。
・入金に対応ブランド…VISA、JCB
・入金に未対応ブランド…Mastercard(マスターカード)、ダイナーズカードなど
なぜ、Mastercardやダイナーズカードが未対応なのか不思議ですよね。これは、外国人なら使用できます。日本人の場合は、VISAとJCBになります。ですから、日本在住の外国人ならMastercardなどでも対応しているはずです。

クレジットカードの種類については、日本国内には銀行系・流通系・鉄道航空系と実に多様にあります。しかし、残念ながらこれら全てにXMが対応している訳ではなく、一部はVISAやJCBでも未対応となる場合があります。この辺りは、XMが不便なのではなく海外投資やオンラインカジノなども、まったく同じ理屈です。

現時点で100%問題なく入金できるのは、以下のカードなどです。他にもありますが、有名なものを抜粋しました。
・楽天カード
・ジャックスカード
・オリコカード
・三井住友カード

続いて、残念ながら以下のカードは有名ですが、現在は未対応です。これも同様に実際にもう少し多いですが、一部抜粋しました。
・ソニーカード
・JALカード
・NTTカード

よって、まとめると

・楽天カード、ジャックスカード、オリコカード、三井住友カードなどのJCBまたはVISAのクレジットカードなら問題なくXMに入金できます。
・ソニーカード、JALカード、NTTカードなどの場合は、JCBまたはVISAでも入金未対応となります(その可能性が極めて高いです)。

ネットバンクなど銀行を使っても入金可能!

クレジットカード以外の入金となると、現時点では国内銀行、または海外銀行を使った入金、海外FX向けの電子決済サービスとなります。これらは一長一短があり、クレジットカードよりは劣ると思いますが、人によっては逆に使いやすく感じるかも知れません。

国内FXではお馴染のネットバンクからの入金ですが、別途で手数料が必要であったり、入金対応しても出金未対応など各銀行によっても条件がバラバラです。それは、XMが海外投資というスタイルがあるだけでなく、国内銀行が閉鎖的なので海外入出金にシステムが対応しきれていないのが実情です。

そんなXMを利用する上で、大変不便なネットバンクですが、その中でおすすめのネットバンクとしては、以下を紹介します。

・楽天銀行
・イオン銀行
・住信SBIネット銀行

これらは条件がそれぞれ違いますが、コンビニATMが一定回数無料で出金できるなど使いやすいです。反対に、大手だがXMに不向きなネットバンクは以下の通りです。

・新生銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
・じぶん銀行
・セブン銀行

これらの6銀行は、XMへの入金は対応していますが、逆の出金に未対応です。FX取引で儲けて、出金をする事が現時点では不可能なので、後の面倒さを考えると上記3銀行にするか、クレジットカードなどにするのが無難となります。

注意点としては、基本的には国内銀行なら、入金はどこでも対応しています。しかし、出金では上記6銀行や他にも未対応があるのです。

XM 電子決済の入金方法【手数料高いから不人気!】

 

bitwallet、STICPAYなど電子決済の入金について!

クレジットカード以外で現実的な入金は、bitwalletやSTICPAYなど電子決済サービスを使った方法となります。

●bitwallet(ビットウォレット)とは何か?

XMを始めるまで、bitwalletなど存在すら知らなかったですよね? これは、世界標準の電子決済サービスです。特徴としては、
・Master、VISA、AMEX、Dinersなどのクレジットカードに対応
・米ドル、ユーロ、円の3通貨に対応
・世界最高水準のセキュリティを誇るオンラインウォレット
この様な点が挙げられます。

具体的に、bitwalletを使ってXMに入金するメリットは
・入金がリアルタイム反映
・入金手数料が無料
・最低入金額は500円(マイクロ/スタンダード口座のみ)
以上のように、実はクレジットカードとまったく同じなのです。

では、なぜ多くのXMトレーダーが利用をしないと思いますか? それは、以下のようなデメリットがあり、それがクレジットカードが人気となり、bitwalletなど電子決済が不人気の理由です。

・bitwallet口座開設が面倒、かつ入金時に手数料として約数%を徴収される
・アカウントクラスによる入金限度額に上限あり
・出金時にも別途手数料が掛かる

少し分かり辛いかも知れませんが、要するに、自分が普段使っている銀行からbitwalletに入金する際に手数料が掛かります。それで、bitwalletからXMへの入金に関しては無料となります。また、他にも面倒な条件などがあるので、正直あまりおすすめしません。

●STICPAY(スティックペイ)とは何か?

STICPAYは基本的には、bitwalletと同じようなものです。違いとしては、STICPAYはオンライン決済サービスに特化したサービスとなります。

メリットとしては、

・XMなど海外FX以外にもオンラインカジノ、ブックメーカーなど対応
・海外ネット販売などで使用可能
・コンビニATMなどにも対応し、出金は可能

次に、XMに入金するメリットは、

・入金が数分程度で反映される
・入金手数料が無料
・最低入金額は500円(マイクロ/スタンダード口座のみ)

以上のように、クレジットカードやbitwalletと比較して、入金リアルタイム反映以外は、まったく同じです。ですから、これも一見するとメリットだらけに感じますが、当然デメリットがあります。

・STICPAYに入金時に手数料が発生
・出金に条件があり、入金額のみ出金可能。

実は結構な致命傷となるデメリットがあり、それが出金額が入金額と同等までという事です。これも簡単に言うと、XMでどんなに儲けても、STICPAYは入金額のみ出金に対応するのです。これは、以前はこのような不都合なシステムではなかったのですが、今年6月半ば頃からシステムが改編され、使い難くなりました。今後、改善される可能性もありますが、全体的に出金手数料も高いので、bitwalletを使う方がお得となります。

口座入金方法 

まとめ:XMのおすすめ入金はクレジットカードに決定!

どうでしたか? XMで取引を始めるに至って入金するには、クレジットカードが最もおすすめなのが分かって貰えたと思います。今なら、大抵の方はどこかのクレジットカードを一枚は持っているものですし、それを利用して入金をするのがベストです。

今回は敢えて、細かな手数料金額まで比較しませんでしたが、個人的には不要だと思っています。なぜなら、クレジットカード入金が最もお得で便利、リアルタイム反映されスグに取引が始められるので、敢えて日本ではあまり有名ではない電子決済のbitwalletやSTICPAYを詳しく知る必要性がないからです。

繰り返しになりますが、クレジットカードがもっとおすすめな入金方法ですが、

①VISAとJCBのみ入金対応で他ブランドは未対応
②VISAとJCBでも未対応のカード種類あり

この二つが肝となるので、必ずお手元のクレジットカードを確認して見て下さい。そして必要に応じて、この機会にクレジットカードを作るのもどうですか?

タイトルとURLをコピーしました