XM FXの取引時間を徹底調査!【クリスマスや元日は休業日】

xm 時間
XMの口座開設方法【2019令和最新版】初心者でも簡単登録!
XMの口座開設を検討している初心者必見として、その一連の流れを全てお教えします。この記事通りに沿って口座開設を進めれば、誰でも短時間で完了する事ができます。では、口座開設と注意すべきポイントの解説を始めていきます。

FX取引における一つの代名詞となっているのが、「24時間」ですよね。これは国内外を問わず、どの業者もキャッチコピーとして、

 ・24時間取引可能(対応)

 ・万全の24時間サポート体制

 ・24時間が取引チャンス

等々で、1日24時間の取引ができる事を積極的にアピールしています。しかし、厳密にはFX取引は平日だけですよね! だから、初心者などは年中無休で1年365日の24時間営業で取引ができると勘違いをしてしまう事もありますが、それは誤りです。

また、時差・サマータイム・月曜日・クリスマス・元日等々で、業者によってサポート対応や取引時間も変わりますし、さらにログイン可能時間や注文受付時間などもあります。

この様に、FXは24時間取引でサポート対応のイメージが強いですが、実際にはそんな事はなく、業者それぞれの塩梅や匙加減という面もあります。もちろん、あまりにも他社と乖離しているとお客さんが逃げてしまうので、横並びの対応が多いのも事実ですが、取引時間は重要な地位を占めているで、その違いを見過ごしてはいけません。

そこで、今回はXMにおける取引時間と休業日や祝日の状況について、詳しくまとめてみました。中でも初心者の方々の参考になれば幸いです。

 

<本記事の内容>

  • XM FXの取引時間について! 
  • 取引可能日と取引休業日を調査!
  • 祝日のサポート体制とFX取引の注意点!

上記の通り、詳しく解説していきます。

XM FXの取引時間について【取引休業日はいつ? 祝日はサポート体制に注意】

FXは24時間、いつでも取引が可能で、サポート体制も万全なイメージを持っていませんか? 確かに強ち間違いではないですが、これは条件付きの24時間体制となり、実際にはいくつかの状況次第では取引ができなかったり、サポート体制も得られません。

これを知っているのと、知らないのでは相場が大きく変動したり、不測の事態に陥った時の対処法が変わってきます。XMは海外業者なので、特にこれらの点については、詳しく知っておく必要があります。

XMにおけるFXの”時間”について!

FX全般における”時間”で注意する点はいくつかあり、XMの場合も同じです。その中でも、下記の項目には気を付けて下さい。

①夏時間(サマータイム)と冬時間(通常時間)

②取引可能時間

③注文受付(対応)時間

④メンテナンス時間

⑤休業日前後の取引時間変更

①夏時間(サマータイム)と冬時間(通常時間)

FX取引において、必ず登場する夏時間と冬時間の概念です。詳しい説明は他に多数出ているので割愛しますが、要するに世界的にはサマータイムを導入している国が多いので、それならFXでも導入すべきという仕組みです。

FXにおけるサマータイムの注意点は、これらは飽く迄もFX取引の世界ルールとして便宜上使っているので、通常の各国毎のサマータイムとは違います。

夏時間(サマータイム)…毎年3月の最終日曜日午前1時~10月の最終日曜日午前1時まで。通常時間(冬時間)からマイナス1時間となる。

冬時間(通常時間)…毎年10月の最終日曜日午前2時~3月の最終日曜日午前1時まで。

②取引可能時間

XMの取引時間は、基本的には平日月曜から金曜まで、24時間取引可能となります。しかし、後から説明しますが、クリスマスや元日前後など一部例外もあります。

夏時間…月曜日 午前6時5分~土曜日 午前5時50分

冬時間…月曜日 午前7時5分~土曜日 午前6時50分

※ロシア通貨ルーブルとの組合せは、取引時間が若干短縮される。

③注文受付(対応)時間

XMは基本的には、注文受付(対応)時間と取引可能時間は同じだが、不規則でメンテナンスが入る事もあり、その際には一時的に注文ができなくなる。また、ZERO口座・マイクロ口座・スタンダード口座、FX以外の金融商品、FXの通貨ペアによっても稀に違いが生じるので、事前にXMからの時間変更のお知らせなどは目を通しておくべきです。FX業者はそれぞれ、若干ながら取引時間や注文時間で違いがある。

④メンテナンス時間

通常のFX業者はメンテナンス時間が付きものですが、XMの場合は形式上はありません。しかし、事前連絡なしでMT4やMT5を使用していると、5分程度のメンテナンスが実施される場合もあります。

また、②取引可能時間でお気付きになったと思いますが、月曜6時(7時)5分から取引開始という中途半端な始まりですよね。この5分からというのが、メンテナンスと推測できます。

⑤祝日前後の取引時間変更

XMのFX取引における、特定の祝日前後の取引時間については、後から詳しく記載してますが、要するにクリスマスや元日、その前後日は休業日や取引時間が短縮や変更されます。さらに、XMの場合はFX以外にも取り扱う金融商品が多く、それらはFXとは統一ではないので注意して下さい。FXよりも取引できない時間帯が多いと認識すれば、間違いありません。

XMの取引可能日と取引休業日!

XMでFX取引は、日本における祝日でも取引ができます。これは、国内業者でもXMでも変わりはなく、その点が日本株取引との大きな違いです。しかし、祝日でも取引休業日となる場合もあります。これは、世界中の欧米文化の国々が共通となる祝日では、FXマーケットも休業となる為です。

 

具体的にいつが休業日となるかは、

 ・クリスマス

 ・元日

この二つは必ず休業日となります。ですから、今年から来年にかけてのXMの取引休業日は、

 ・2019年12月25日(水)

 ・2020年1月1日(水)

となります。クリスマスと元日は基本的に取引休業日となり、その日前後も営業時間が変更されるのが、近年よくあるパターンです。よって、2018年の状況から今年を推測すると取引時間は、

 ・2019年12月24日…深夜2時で取引終了

 ・2019年12月25日…クリスマス休業日

 ・2019年12月26日…16時から取引開始

 ・2019年12月31日…深夜2時で取引終了

 ・2020年1月1日…元日休業日

 ・2020年1月2日…16時から取引開始

上記の取引時間は、2018年の状況を踏まえたもので確実ではありませんが、今年もほぼこの通りに、不規則なスタイルになると思われます。実際には、クリスマスが迫った頃にXMからメールなどでお知らせがあります。

 

XMのFX取引は、基本的にクリスマスと元日のみが休業日となるので、それと土日を抜かした日本国内の祝日を含む月曜~金曜日までが通常通りの営業で、一部で取引時間短縮などもありますが、取引可能日となります。

よって、ゴールデンウィークなども通常営業で、取引可能なのはサラリーマンなどには嬉しいですよね。

XMの祝日取引で注意すべき点!【取引可能とサポート対応は別になる!】

日本では祝日扱いでも、それはFX取引では休業日にはならず、クリスマスや元日以外ならXMでFX取引が出来る事が分かって貰えたと思います。しかし、初心者にとっては肝心な事を誤解されている可能性があります。それは、祝日におけるFX取引対応とサポート体制は、まったく別問題という事です。

祝日におけるサポート体制について!

XMは日本語サポート体制が取られているので、海外業者ながら英語ができなくても、まったく支障がありません。カスタマーセンターのサポートでは、

・ライブチャット

・メール

この二通りで、疑問や質問、問題点などの対応をして貰えます。

しかし、注意点としては、これらは基本的に平日のみ対応しています。平日の日本時間9時~17時のみ、祝日などは未対応となる場合が多いです。これは、クリスマスや元日は取引が出来ない休業日となり、当然サポート体制も休業となりますが、他にも日本の祝日も休業となる場合が多いです。

ですから、通常の祝日ならXMでFX取引できますが、サポート体制は未対応となると思って下さい。この理屈で、口座開設やメールサポートも祝日を挟むと、返事が遅れる事が多くなります。

FX取引を祝日に行う際の注意点!

最後は、具体的なFX取引における祝日の取引に関しての注意点となります。FX取引における祝日とは、3パターンがあります。

 ①日本国内の祝日(成人の日、春分の日、昭和の日等々)

 ②海外各国の祝日(米・キング牧師記念日、欧米・グッド・フライデー等々)

 ③共通の祝日(元日。※日本ではクリスマスは祝日ではない)

 

繰り返しですが、祝日が取引休業日となるのは元日とクリスマスです。取引できないので、これらは問題ありませんが、注意すべきは①と②になります。最近の相場の傾向として、祝日相場は閑散か変動激しい両極端となりやすいのです。その例として、国内だけの祝日だと、株式市場は休場なので、ロンドン時間までは値動きが大人しくても、その後は急変動する事があります。

また、祝日の国の通貨を狙って、荒れる相場となる場合もあり、XMはハイレバ取引なので、不用意に取引量を多くすると大惨事となる可能性もあります。祝日相場は、普段取引をしない初心者やサラリーマンなどが参入してくるので、そこは注意をして下さい。

まとめ:XMはクリスマスと元日以外はFX取引対応!

XMの取引時間は、基本的には平日(ほぼ)24時間いつでも対応しています。他社はメンテナンス時間を早朝に数十分取るのが一般的なので、それと比較すると限りなく24時間のFX取引ができます。

休業日に関しては、クリスマスと元日が終日取引できず、また前後日も取引時間が変更されます。ライブチャットなどのサポートは、残念ながら祝日は休みとなる場合が多く、平日夕方までの限定と覚えておきましょう。

しかし、これらは他社も同様なので、XMだけ劣っている訳ではありません。特に取引時間に関しては、XMはメンテナンスを平日設けていないので、その点では抜きん出ている良さがあります。

タイトルとURLをコピーしました