XM 両建ては可能それとも禁止?【両建てのメリットデメリット】 

xm 両建て
XMの口座開設方法【2019令和最新版】初心者でも簡単登録!
XMの口座開設を検討している初心者必見として、その一連の流れを全てお教えします。この記事通りに沿って口座開設を進めれば、誰でも短時間で完了する事ができます。では、口座開設と注意すべきポイントの解説を始めていきます。

FXトレーダーの一定数には、両建てを行っている人や得意手法としている人がいます。これは国内外業者は関係なく、建てたポジションが逆行する度に損切りし新規ポジションを持つよりも、逆行したらとりあえず反対ポジションを建てるや最初から両建てで新規ポジションを持つ事で、どちらに動いても枚数同じなら利益と損失は相殺されたり、それ以上損失が膨らまなくなる手法です。

 

もちろん、新規ポジションを持つので、口座資金が減りさらにポジションを持つのが難しくなる、一時しのぎで本質的な解決になっていない等、否定もできますが、本人がそれで良いと思っているなら、他人があれこれ批判をするものではないですよね。

 

今回、XMについて両建て記事を記載する理由として、XMに新規参戦するトレーダーの多くは、両建てをかなり真剣に考えているようです。国内業者でFX取引を始める場合より、体感的にかなり多いと感じるほどです。また、YouTubeなどでXM取引を配信している方も、一時的にしろ両建てをしている事が多いですよね。

 

そこで、XMでは両建てが禁止ではないのか?(もう結論が出ていますが)、XM歴5年以上の私が個人的な見解などをまとめてみました。皆さんの参考になれば幸いです。

<本記事の内容>

  • XMは条件付きで両建て取引に対応
  • 両建て取引のメリット・デメリットについて
  • XMで有効的な両建て手法はあるのか?

上記の通り、詳しく解説していきます。

XM 両建て取引に対応! 条件付きなので注意【複数口座で両建て禁止!】

結論ありきで、今回は記事を進めていきます。まず、多くの方がXMに対し疑問を抱く、「XMのFX取引で両建てが可能なのか?」 という質問に対し答えは、「両建て可能」となります。

 

国内でも一部業者は、両建て禁止となっているので、この回答にホッと一安心をしたのではないでしょうか? しかし、残念ながら「別口座での両建て」とXM以外の「別業者を使った両建て」は禁止となります。ですから、正しくは「条件付き両建て対応」となり、禁止となる条件もあります。この回答に対し、ちんぷんかんぷんなら以下の解説をじっくり読んで下さい。

 

両建ては条件付き対応なので、詳しく解説!

・追加口座について

繰り返しになりますが、XMは両建て可能ですが、別口座や別業者での両建ては禁止となります。これが良く分からないなら、その前に口座の解説をさせて頂きます。

 

XMには、口座が3種類用意されています。

①マイクロ口座

②スタンダード口座

③ZERO口座

それぞれ特徴があり、メリット・デメリットありますが、最初に選んだ口座が気に入らなくても、後から変更が出来ます。その為には、追加で別の口座を開設する必要があります。そして、最大8つまで口座を開設できます。普通の考えだと、一人1つの口座で十分だと思いますよね。しかし、最初の新規口座開設時に、例えばマイクロ口座を選んだとします。しかし、どうも自分には合わない、ZERO口座で取引したいと希望があるなら、追加口座を開設すれば問題解決となります。

 

追加口座といっても、XMで既に口座を開設済みなら、XM公式サイトの「リアル口座開設」から「追加口座を開設する」をクリックするだけで、とても簡単です。

 

両建て可能な条件について!

これは通常の同一口座内での取引なら、基本的にはどんな時でも両建て可能です。通常取引とは、同一口座内での両建てとなります。要するに、最初に新規で口座を開設し、追加口座を開設していないなら、マイクロやZERO口座など関係なく、どんな状況でも問題なく両建てできます。

 

両建て禁止な条件について!

しかし、一つでも追加口座を作り、2つの口座があるとします。その状態で、最初の口座は買い建て、2番目の口座では売り建てをする。この様な両建て取引は禁止となります。これは通貨ペアが同じでも、違っても禁止となります。

※通貨ペアが違う場合は、一時的ならOKとなる場合もあるが、状況次第でNGとなる

 

なぜ複数口座での両建てが禁止かと言うと、色々理由はありますが、一番大きいのはXMの特長でもある、追証なしのゼロカットシステムが関係してきます。これは、相場が激しくなると値動きが荒くなり、時には暴騰暴落となる事があります。その際に、複数口座で両建てをしていると、片方が大きな利益となり、片方はゼロカットされる場合があります。ゼロカットされると、XM側は利益にならず損をします。これを狙った手法が、一時期流行ったので、複数口座での両建て禁止になったと推測できます。

 

でも、狡賢い人は、入金少ない弱小トレーダーなら、XM側も神経質にならずバレないと思いますよね。確かに、ポジションが少ないや数回程度はバレない感じもします。例えば、複数口座の両建て禁止を本当に知らず、ポジション整理や損切りが出来ず、つい両建てをしてしまう場合もあるでしょう。また、両建てをして利益になれば分かりますが、結局両方が損失を出す場合もあります。

 

ですから、両建てポジションを意識的に持ち、さらに利益を毎回出す様になると、確実にXM側からアウト宣告を受ける事になります。そうなると、口座凍結やレバレッジ規制などがあるので、末永くXMと付き合うなら、敢えて禁止の複数口座での両建ては行わないべきです。

 

補足:他の海外FX業者も、追証なしのゼロカットシステムを採用しているなら、別口座などでの両建ては、全てを調べた訳ではないですが確実に禁止になっているはずです。FX業者は、横並びの傾向が特に強いので、一業者だけ独占的に許可しているのは大変稀ですし、無いと断言できます。

両建て取引のメリット・デメリット【両建てはやるべき? 儲かるの?】

 

 

両建てOKな条件、禁止条件が分かって貰えたと思います。一つの口座での両建てはOK、複数口座での両建ては禁止です。また、他業者を使っての両建ても、バレない感じがしますが、原則として禁止です。

 

これだけ、少し面倒なルールがある両建てですが、個人投資家にメリットはあるのでしょうか? 普通に考えると、取引そのものにスプレッドや取引手数料が掛かる場合もあるので、そんなにメリットがあるとは思えないですよね? しかし、両建てに対しXMなど業者側がここまで神経質になるのは、投資家にメリットがあり、業者にはデメリットがあるからです。

 

ハイレバとゼロカットシステムの組み合わせ、この二つに両建ては業者側の天敵であり、致命傷になりかねないのです。もちろん、条件次第という側面が強いですが、だからこそ、国内業者ならそこまで神経質にならない、業者間での両建ても禁止しているのです。

 

両建てのメリット!

・スワップポイントが貰える

・XMと国内業者を利用すると、双方の恩恵得られる

・一時的なトレンド変更にも対応できる

・XMポイントが貰える

 

両建てのデメリット!

・別口座や他業者を使った両建て禁止なので、最悪取引禁止や口座凍結処分

・別口座が自動売買の場合、運悪く両建てになり、取引禁止になる場合もある

・相場変動激しくなるとスプレッド拡大などで両建てポジション双方が損切りになる

・スワップポイントを狙った手法が、突然スワップ逆転する場合もある

・両建てを毎回、定期的に繰り返していると業者から要注意扱いになる

 

メリット・デメリットの中でも、特にデメリットに関しては、自論も含まれているので、確実とは言い難いです。XMは同一口座なら両建てを認めていますが、これも毎回繰り返し、確実に利益が大きくなるようでは、XM側から監視・要注意の扱いとなる可能性があります。それぐらい、業者は両建てに厳しいです。

 

個人的にもやらない方が無難ですが、いくつか両建てに特化した手法もあります。それで大金を掴んだトレーダーもいるようなので、両建てが効果的な面があるのも事実です。そこで全公開とは出来ませんが、XMで通用しそうな手法のヒントを公開します。

 

XMを使った有効的な両建て手法のヒント!

XMでは別口座、そして別業者を使った両建ては禁止です。しかし、別業者に関しては限りなくグレーで、バレない可能性もあります。中でも、XMと同じ海外業者を使うのではなく、国内業者にすると注文方式の違いなどもあり、これを調査するのは難しいのが現実です。

 

それでも、例として、自宅パソコンからXMと国内業者を使って両建て注文をしたとします。すると、業者側が本気になると同じサーバーから注文なので、最終的には両建て注文がバレるという説があります。この反論として、片方の注文はスマホにしたり、IPアドレスを変更したらバレないのでは…など堂々巡りとなりますし、私個人もそこまで詳しくありません。しかし、これまでのSNSなど個人投資家の反応をみても、XMと国内業者の両建てが立証され、凍結などを受けたケースはないと思います。

 

あまり詳しく書くと問題になりそうですが、両建て手法として、スワップポイントやスプレッド拡大がヒントになります。これをXMと国内業者で比較すると、特別な手法を発見できるのではないでしょうか? しかし、確実な手法だと思っても、必ず穴があります。ですから、あまり過信しない方が良いです。両建てのデメリットでも記載しましたが、スワップポイントは、いつ逆転するか分かりません。これはある日突然、買いスワップで利益になっていたのが、買いスワップが損失になるのです。だから、短期的な手法と見る方が良いですし、XM側が更なる厳しい両建て規制をする可能性もあります。

 

両建て手法はやるべき? 儲かるか?

両建てについて、個人的にはうーんという渋い感じですが、もしテクニカルなどに頼るだけの手法を模索し、結果的に失敗ばかりで資金を溶かしているなら、両建て手法を開発する方が建設的で儲かる可能性が高いです。

 

例えば、これから相場が大きく動きそう、という予測はある程度の経験者になると出来てしまいます。しかし、それが上がるか下げるか、1分後なのか1時間後なのか翌日なのかは別問題です。そんな時は、そこで両建てをするのです。もちろん、これでも失敗はありますが、単純に片方に張るよりも繰り返す事により、段々と利益になるようになります。

 

しかし、長期的な観点からの両建ては、先ほどのスワップ逆転や暴落暴騰でのスプレッド急拡大など、予測不可能な出来事により、両建て手法がまったく効果を発揮しなくなる場合もあります。ですが、この様な場合は通常の手法も意味がないので、判断が分かれます。その一方、両建ては規制が入る場合もあり、それにビクつきながら取引するなら、最初からしない方がストレスフリーで良いのかも…、後は皆さんの判断に委ねます。

 

まとめ:XMの両建ては同一口座ならOK! 別口座や他業者はNG!

今回は少々、自論が多くなりましたが、XMはハイレバなので、勝つ時も大きいですが、負ける時も当然出てきますよね。すると、負けが続くと誰もが、両建てをしたくなるのです。XM側もそれを理解し、同一口座内なら両建てを許可しています。

 

しかし、これは裏読みすると、追加の別口座や他業者を使った、ある特定の手法は許さないという意思表示でもあります。この辺りは、個人投資家と業者側の駆け引きになるのでしょう。バレたら口座凍結、しかし、もしかしたら上手くいくかも知れない! そんな事を含めても、XMを使ったハイレバ取引は面白くて我々を夢中にさせてくれるのです。

タイトルとURLをコピーしました